個展・展覧会

2008 3.1~31 京都 「ギャラリーのざわ」 にて

Stacks Image p10_n12
Stacks Image p10_n14

2008年初春、「京都島原・ギャラリーのざわ」の柿落としに、ひと月にわたる個展を開催させてもらいました。
オーナー夫婦は実はわたしの小劇場時代の仲間でして、大阪枚方に住んでいたのですが、京町家の「出物」があると言うのでどうしようかと悩んでいる時に、(人ごとですので)唆してけしかけたら購買に至り、ついでにギャラリーもやってしまうと言う流れになってしまったのです。
京町家特有の長ーーいお部屋を使って微笑ましい展覧会ができました。
Stacks Image p10_n16
Stacks Image p10_n216
Stacks Image p10_n30
Stacks Image p10_n34
Stacks Image p10_n224
今回の個展の二つのメイン作品のうちの一つ。  
与那国島の海底遺跡」をテーマにしたフルバージョンのオーダー。
着物、帯、ストール 、草履、バッグ、帯締め、帯揚げ。   実際に現地で潜った方の思い出を形に。
ハンマーヘッドシャークマンタがシルエットで泳いでいます。このような世界で一つの作品に挑戦させていただけたことを深く深く感謝いたします。
Stacks Image p10_n222
比叡山の修行僧が千日回峰行の時に立ち寄ると言う、山中の玉体杉に案内してもらって、予想通りの光景に、これも予定していたかのように玉体杉からの京都の夜景の着物を染めて見ることに。 日本各地の夜景を30箇所以上染めてきましたが、これも思い出深い作品となりました。
個展に来ていただいた、老舗の和菓子屋さんの女将さんにお求めいただけました。 
Stacks Image p10_n24
東京からセナ・リーディング・オーケストラのメンバーでもあるピアノの小林裕さん、ベースの藤田わたるさんをお招きして、一夜だけのジャズナイトが実現しました。
Stacks Image p10_n26
Stacks Image p10_n38
「静夜」銀河と樹海とオーロラの打掛
Stacks Image p10_n40
京町家特有の「走り庭」「通り庭」に、「月の満ち欠け」のオブジェを展示。明かり取りの天窓からの光が綺麗。
Stacks Image p10_n42
Stacks Image p10_n44
京町家は狭い入り口から、延々と長いアプローチが奥まで続く。
友人でもあるので、ギャラリー別棟に泊まり込んでの延々ひと月にわたる個展でした。二度と出来ないこと。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2013 11.26~12.1 新宿 「東京アートコンプレックスセンター」にて

Stacks Image p10_n52
東京新宿、信濃町にある大きなギャラリー「東京アートコンプレックスセンター」にて、東京で初めての大規模な個展を開催いたしました。
準備に一年半、大変な日々でした。
Stacks Image p10_n168
Stacks Image p10_n158
Stacks Image p10_n160
Stacks Image p10_n62
Stacks Image p10_n162
Stacks Image p10_n166
Stacks Image p10_n164
Stacks Image p10_n182
Stacks Image p10_n180
漫画家のS.F.さんに作らせて貰ったペーズリーがらの辻ヶ花セット
Stacks Image p10_n178
Stacks Image p10_n176
Stacks Image p10_n174
Stacks Image p10_n170
Stacks Image p10_n172
Stacks Image p10_n56
Stacks Image p10_n58
Stacks Image p10_n126
Stacks Image p10_n124
Stacks Image p10_n122
Stacks Image p10_n120
Stacks Image p10_n118
Stacks Image p10_n116
Stacks Image p10_n114
Stacks Image p10_n202
Stacks Image p10_n200
Stacks Image p10_n198
Stacks Image p10_n184
Stacks Image p10_n196
Stacks Image p10_n194
Stacks Image p10_n192
Stacks Image p10_n188
Stacks Image p10_n186
Stacks Image p10_n98
Stacks Image p10_n148
「皆んな見ている」 1678x1055   成瀬 優・高岡絢子
2011の福島第一原発事故に触発されて作った作品。
小賢しい説明は要らないと思います。


「あの日の野馬追い」 1678x1055   成瀬 優
勇壮な「相馬野馬追い」、それと「津波」から退却する姿が重なってしまいました。
(不謹慎な連想と思われる方がいらしたら謝罪いたします)


Stacks Image p10_n150
「フクシマ・トウキョウ」 1055x1678   成瀬 優
世界一の夜景都市Tokyoを支えている一つが福島の発電所だったのですね。


Stacks Image p10_n110
「豊饒の海」 1055x1678   成瀬 優
福島のたおやかな海の中を想って。
三島由紀夫の遺作から拝借させてもらって。
ミズクラゲは繰り返し繰り返し表現しています。
何時間見ていても飽きません。

魚たちの動きは、リーダーに導かれてのものではないそうです。
その辺りの不思議な仕組みは
こちらに。

Stacks Image p10_n96
「ノアの方舟」 1678x1055   成瀬 優・高岡絢子

繰り返し繰り返しこのテーマで作っていますが、個展にあたりフルバージョンを染めてみました。
帯でもいろいろバージョンがあります。


Stacks Image p10_n138
Stacks Image p10_n140
Stacks Image p10_n142
Stacks Image p10_n94
「三春の滝桜」 1678x1055    成瀬 優
坂口安吾「
桜の森の満開の下」もイメージして。


Stacks Image p10_n92
「何処へ」 1678x1055   成瀬 優・高岡絢子
色彩がなくなった世界。


Stacks Image p10_n90
「森の大宴会」 1678x1055    成瀬 優
人間がいなくなった「福島」の森では動物たちが毎夜、飲めや歌えやの大宴会。
参加している人間もいて、宮沢賢治が呼び寄せた「セロ弾きのゴーシュ」ムーンウォークを
披露する「マイケル・ジャクソン」。
世界初の漫画「鳥獣戯画」からの参加も。 まさにGiga祭り。


Stacks Image p10_n66
「リディツェ」1678x1055    成瀬 優
1942年、チェコ・プラハ近郊の村
リディツェの住民が、ナチス高官ハイドリヒの暗殺に関わったとの嫌疑で、数百人の村人と共に村ごと消し去ったことに触発されて作った作品。
戦後作られたメモリアルパークには82体の子供の銅像があり、初めて見た時の衝撃は忘れられない。
福島の原発事故はただの奇跡で、「あの程度」で止まったわけだが、ひょっとしたらいくつもの村ごとこの世から消え去っていたのかもしれない。



Stacks Image p10_n102
Stacks Image p10_n70
「迷宮のアリス」1055x1678   成瀬 優・高岡絢子
エッシャー空間のような「福島第一原子力発電所」に迷い込んだアリス・ウサギ・謎の男たち。   


会場風景です。 https://youtu.be/QcQLaaNt3ko